キャバクラで大変なこと

キャバクラ

キャバクラで大変なこと

京橋のキャバクラで働いていると、効率よく稼げるし個人的には楽しいし、一見良いことづくめ。でも時には大変なこともあります。

グラスに注がれるウイスキー

お酒の飲みすぎ

一番最初にしんどいなと思ったのは、キャバクラのバイトに入るたびにお酒を飲み過ぎることです(笑)キャバクラのお仕事はお客さんを楽しませることですが、お客さんにだけ飲ませて自分は飲まない、という状況はほとんどあり得ません。自分を気に入ってくれたお客さんだと、いいシャンパンを頼んでくれて一緒に飲むことも多々あります。
お酒を頼んでもらえればもらえるほど、お給料にバックが追加されるのですっごく嬉しいんですが、つい飲み過ぎてしまう日が多いのは問題です^^;お肌や健康のことを考えると、ちょっとペースをゆっくりにしないとな…と思うこともしばしば。でも私は元々お酒が強い方なので、めちゃくちゃ困ってるわけではないんですけどね(笑)

お客さんが泥酔した時

キャバクラでお酒を飲み過ぎるのはキャバ嬢だけではありません。お客さんも、飲み過ぎて泥酔しちゃうことがしばしばあります。酔って楽しく過ごしてもらう分にはいいんですが、たまにボディタッチをしてきたり、怒鳴ったりするお客さんも全くいない訳ではないです><
でも私が働いている京橋のキャバクラは、ボーイさんがすごく親切。ちゃんと接客の様子を見ていてくれて、何か問題が起こっていそうなら駆け付けて守ってくれます♪泥酔して罵声を発していたり、セクハラ行為をするお客さんには出禁を言い渡していることも^^;
ボーイさんが女の子を守ってくれそうかどうかは、体験入店の時にチェックしておくと安心ですね!